‘カネタグループ 代表’ カテゴリーのアーカイブ

『第28回カネタグループゴルフ大会』

2017年6月7日

 
こんにちは!
タックスカネタの金田です
 
初夏を感じさせるあつ~い日が来たかと思いきや、急に寒い日が続いたりと
温度差が目まぐるしい今日この頃ですが、皆様は体調を壊さずに
お元気に過ごされていますでしょうか??
 
さて、今回は、6月6日に行われました
『第28回カネタグループゴルフ大会』の報告をさせていただきます。
 
今回は90名もの皆様にご参加いただきました。
天候は雲一つない快晴に恵まれ、気温も程よく暑くまさに絶好のコンディション!!
参加された皆様には気持ちよくプレーされたことと存じます。
 
開催直前の様子です

 
表彰式の模様です。

 

1位北島様は
ベストグロス賞も獲得!!
第2位の木地谷様。
本当に僅差でした・・・
紅一点の木島様は
なんと第3位!

 

28回大会ということで28位の松原様には
ブリヂストン様より記念賞の折り畳み自転車です
6月6日開催と言うことで66位の村瀬様には
三菱フソー賞でパターが進呈されました

 
おかげさまで今年も、皆様の笑顔と腕前が心に残る素晴らしい大会になりました。
 
来年もより多くの皆様にご参加いただき、
喜んでいただけるよう精進して参りたいと思っております。
 
最後になりますが、ご参加頂いたお客様と協賛各社様に改めて御礼申し上げます。
 

カネタグループ
金田信貴

「2015年 新年のご挨拶」

2015年1月1日

 
新年あけましておめでとうございます。
皆様方には平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 
 昨年は、消費税率引き上げ、急激な円安・株高・物価高、また深刻な人手不足と中小企業には、依然として景気回復を実感できないと云う状況のまま新年を迎えました。
 
その中でも人手不足は顕著で、人材が枯渇し事業が回らなくなる「人材倒産」というような事態も考えうるような勢いで、単に人手が足りないという数的不足だけではなく、必要な場面で必要なスキルとモチベーションを備えた人材を確保できないという現状です。
 
『風林火山』の軍旗を掲げ、『甲斐の虎』と呼ばれた武田信玄の名言で
「人は城、人は石垣、人は掘、情は味方、仇は敵なり」という言葉があります。
組織には、実に多様な個性をもつヒトが集まっています。1個1個違った形状の石が積み重なり石垣、城となれば、難攻不落の基地ができあがり、そして情けは人の心を動かします。しかし仇が多ければ結局は国を滅ぼす事になるという意味です。
 
カネタグループの中の一社で車検・整備業を担っている金田自動車は、皆様のお蔭で、設立50周年という節目を迎えました。このような環境とタイミングだからこそ一度、初心に戻り客観的に自社を観察し、形状と質の均一化しない石垣を積み重ねるように組織の再編と人材の成長に注力し、頑強な組織形成を次なる発展へと繋げていこうと思います。そして、さらに日々研鑽を積み重ねることによって、皆様の事業やサービスに貢献すべく、誠心誠意努力してまいります。
 
 本年も皆様方のますますのご発展とご健勝を祈念し、引き続き、倍旧のご支援、ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申しあげまして、新年のご挨拶とさせていただきます。
 
 

カネタグループ
代表 金田 和鐘

「新年のご挨拶」

2014年1月1日

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜りまして誠にありがとうございました。

 

昨年は、アベノミクスという大胆な成長戦略が国内のムードを牽引するなか、2020年の東京五輪開催決定や富士山の世界文化遺産認定などの後押しもあり、賑やかな一年であった気がします。もちろんたくさんの問題が山積みされてはいますが…。

 

カネタグループも同様にたくさんの問題が山積みされています。
主に組織の再編と個々の成長です。そして解決策は、決断と日々の努力です。

 

実際に組織や人間の能力において資産形成の理論は当てはまらないものですが、心がけとしては、現在のポテンシャルが「100」だとして、 毎日たった1%ずつでも成長していけば、1年後にはそのポテンシャルが「3,778」になるというものです。
今日の「1%」の成長が、翌日のベースになっていないと、このような複利効果を得ることはできませんが、時代の変化に対応し日々の努力と改善の積み重ねが、後に振り返ってみると大きな変化、とんでもないところへ行く唯一の方法だと思います。

 

最後になりますが、カネタグループ社員一同、日々の努力と改善を積み重ねて参る所存でございますので、本年も倍旧のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げますとともに、皆様方のご発展とご健勝を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

カネタグループ
代表 金田 和鐘

「新年のご挨拶」

2013年1月1日

新年あけましておめでとうございます。
平素より、カネタグループの各種サービスをご利用いただき、厚く御礼申し上げます。

昨年は、世界各国で新しい指導者と政治体制が確立しました。日本では民主党から自民党に政権が変わり、2012年12月には日経平均株価が約9ヶ月ぶりに1万円の大台へ回復し、日本銀行も金融緩和策を推進する方針を表明したことや、震災復興需要の本格化、消費税増税前の駆け込み需要等により、年の後半にかけて景気の回復が期待されます。

ただ、私たちを取り巻くビジネス環境は常に変化しており、業界、地域という従来の境界を越えて、新たなビジネスが次々と生まれています。

このような状況下では、「停滞」は「衰退」を意味します。

当グループも“ほどほど”、“そこそこ”の意識を払拭し、自ら打って出て、未来を切り開いていかなければ今後の成長はありません。

大事なことは、私たち一人ひとりの成長です。個人の成長が組織の成長に、組織の成長がグループの成長につながり、その結果として、本来の会社が存在する目的である、“何のために働いているのですか?”の新たな価値創造へ繋がると思っています。

その成長の近道として日頃よりグループ社員に言っていることですが、現場力です。
オフィスの中では良いアイディアは生まれません。顧客やパートナーに会い、情報を吸収し商売の種をどんどん作っていくことです。

最後にですが、カネタグループ社員一同、今一度気持ち・意識を切り替えて本来の仕事の目的である、お客様にご満足とご安心をご提供できますよう、努力と改善を積み重ねて参る所存でございますので、引き続きご愛顧賜り、ご指導・ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

皆様の益々のご発展とご健勝を祈念し、新年のご挨拶とさせて頂きます。

カネタグループ   
代表 金田 和鐘

「年始のご挨拶」

2012年1月1日

  新年あけましておめでとうございます。 

  皆様方には平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 

  昨年、2011年を振返ると悲喜こもごもの思いが交錯して感慨深いものがあります。 

  そして東日本大震災には本当に沢山の事を考えさせられます。 

  特に混迷の時期に「がんばろう日本」というスローガンで弱気な自粛ムードを払拭し、
 どんな苦難があろうが、どんな不幸が起きようが、桜は咲く。 

  その桜の下で、散りゆく桜を見ながら、花見をしよう。 

  そして希望に満ちた未来について語り合いましょう。 

  と、「前を向き、上を向いて歩く人間力」には大変に感銘を受けました。 

  カネタグループも「なでしこジャパン」や「釜石ラガーマン」のように、しなやかでねば
 り強く、ひたむきに信じて、決して諦めず最後まで追いかける姿勢を大事にしていこう
 と思います。 

  最後になりますが、震災から9ヶ月経過しましたが、まだまだ先が見えない不安な
 気持ちで今年を迎えた方も沢山いらっしゃる事と思います。 

  これからもカネタグループは「被災者・被災地を忘れない」気持ちを大切にご支援に
 ご協力していきたいと思います。 

  本年も倍旧のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げますとともに、皆様方
 のますますのご発展とご健勝を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきま
 す。 

www.kanetagroup.jp

「年末年始休業のお知らせ」 

カネタグループの【年末年始休暇】は下記の通りです。 

※ 年末の営業:12月29日(水)まで営業いたします。
※ 年始の営業:1月5日(水)8:00より通常通り営業を開始します。
 

ロードサービス等の緊急サービスについては下記の事業所にて対応しています。
こちらの電話番号にご連絡下さい。 

 (株)金田自動車 大型事業部・㈲カネタ  Tel: 0166-57-9911
 (株)金田自動車 小型事業部・保険課   Tel: 0166-51-9911
 (株)金田商店                  Tel: 0166-57-3355
 (有)車体工業                   Tel: 0166-47-9917
 (株)タックスカネタ                Tel: 0166-48-2222 

寒さもこれからが本番です。
皆様も体調に気をつけて幸せな一年となりますよう従業員一同心よりお祈念いたします。 

カネタグループ 

代表 金田 和鐘